船橋の歯医者で歯石除去

口臭が気になると、そればかり気になって、なんだかある種のストレスのように感じられてしまう。
きっかけはささいなことで、あくびをしたときに口を手で押さえていて、その手を離したときにもわっと臭ってきたのが、口の中の臭いだったというわけである。
別に私はタバコを吸ったりしているわけではないから、これまで口臭についてはノーマークだったというのが正直なところなのだが、実際はこんなに臭っていたなんて思わなかった。
そのことにショックを受けた私は、船橋の歯医者に足を運んで、歯石除去をお願いすることにした。
口の中の臭いは、舌についた汚れや、歯にこびりついた歯垢や歯石など、そういった要素が複雑に絡み合って生み出されるものなのだという。
そう思うと、そうしなきゃいられなくて足を運んだのだが、これがまた面白いくらいに歯がきれいになった。
私は歯石除去というものを行うのが初めてで、さすがにびっくりさせられた。
こんなにキレイになるとわかっているのなら、もっと早くに足を運んでいたのに…と思いつつ、歯医者を後にした。
もちろんその後は、歯みがきを頑張っている。