社会人の留学

「留学」と聞くと学生のイメージが大きいと思いますが、最近は社会人になってから留学をする人がとても増えているんだそうです。
社会人の留学はいわゆる「短期留学」で、会社に休暇をもらっていく留学になることが一般的です。
1~2週間海外の語学学校に通ったり、必要な専門知識や技術などを習得するために現地のプログラムに参加することになるようです。
所属している会社に現地法人があればそれは強力なサポートになるでしょうが、そうでない場合には不安が多少はつきものです。
最近は社会人に限らず、大人の留学をサポートしてくれる「留学サポートセンター」があるそうです。
行く国にもよりますが、ドイツ留学では「ドイツ留学サポートセンター」などがあり、留学相談から準備、渡航後も手厚いサポートが受けられるということもあって、センター経由で留学する人がほとんどだそうです。
どんなに先進国でも留学したらそこは「日本」ではありません。
社会人であっても大人の留学は自分の安全と安心のためにも十分なサポート体制を確保してからの留学ができると良いでしょう。